路上アンケートで副収入を得る方法

55435603 – set of flat clipboard with a pencil and eraser.

副業といっても、事業を大々的に行うことや、投資を始めることに対して不安な人は、

まず本業からの給与以外の収益をつかむという経験を実感していくことが重要です。

そこで、リスクなく手軽に副収入を得ることのできる『プチ副業』をご紹介いたします。

本日ご紹介するプチ副業は『路上アンケート』です。

路上アンケートって何?

 

さて、路上アンケートといって皆さんピンときますでしょうか。

路上アンケートとは、渋谷や新宿などの繁華街で日中歩いていると路上で、

見知らぬおばさん(時々若い人も見ますが基本的には50代前後の女性)が寄ってきて声をかけてきます。

「お兄さん会社員?」、「ご家族で広告代理店関係の方はいないですよね?」と複数の質問を矢継ぎ早に行い、

対象の人間であれば、近隣の雑居ビル内でアンケートに答えてほしいという流れです。

 

これだけ聞くと、怪しい勧誘かと思われるかもしれませんが、

大手企業などが商品開発などを行う際の情報を収集する会社が行っています。

 

私が学生時代にも行っていたので、既に20年以上全く同じ方法で人を集めて実施しています。

ちなみに、私はこのアンケートを過去に100回以上受けていますが、

誰もが知っているインスタント食品の新商品候補となっている味の感想や、

今後放送する予定のCMを複数見て感じたことを説明するなどでした。

 

路上アンケートの基本的な流れ

実際に路上アンケートを受ける場合の、基本的な流れをご説明いたします。

 

まずは、アンケートおばさんの出没地点に向かいましょう。(どこに出没するかは後述いたします)

出没地点に到着したら、アンケートおばさん付近を若干意識しながら視線を送って歩いてみましょう。

アンケート対象者だと感じてもらえれば、すぐに近寄ってきて声をかけてきてくれます。

 

声をかけられなかったときは、どうするか。

そんなときは、おばさんが確認できる位置で待ち合わせをしているようなそぶりを見せながら(不審者に思われないように!)、

どんな属性の人にアンケートおばさんたちが声をかけているかを確認しましょう。

そうすると明らかにどのようなタイプに声をかけているなどがわかります。

自分が30代男性会社員にもかかわらず、明らかに女性に声をかけていたり、学生風の人に声をかけているようであれば、

今回はターゲット属性に当てはまらないということで、日を改めましょう。

 

さて、声をかけられたら、まずは路上で属性確認が始まります。

基本的には、年齢、職業、家族の職業(広告関連や今回のアンケート対象業種と同一業界に属していないか)を、確認していきます。

アンケート対象者の属性とマッチしていると、近隣の雑居ビルに案内されます。

 

エレベータをおりると、アンケートおばさんに連れてこられた人たちが、受付前に並んでいます。

数分受付前で待ったところで、アンケートおばさんに質問された内容と同じように、属性の確認をします。

属性ごとにアンケート収集数量が決まっているようで、属性別におかれたアンケート用紙を渡されて、アンケート開始です!

アンケート対象によっては異なるプロセスの場合もありますが、よくある流れとしては以下の4ステップで行われます。

1.受付に渡されたアンケートに記載されている質問に回答
2.アンケート対象商品の試食、対象CMの視聴などを各自のブース内で実施
3.試食および視聴等を終えてアンケートの質問に回答
4.アンケート結果について対面で質問を受けて回答

所要時間は30分から1時間程度です。

一連のプロセスが完了すると、受付にもどり、謝礼をいただいたら、

エレベータで一階に戻り終了となります。

どこで路上アンケートの仕事をGETできるの?

路上アンケートは、多くの繁華街で朝10時くらいから夕方くらいまで実施されています。

都内を例に挙げると、渋谷と新宿では、頻繁に見つけることができます。

路上アンケートが頻繁に行われているホットスポットはこちらです!

<渋谷の路上アンケートホットスポット>


<新宿の路上アンケートホットスポット>

路上アンケート実施時の注意点は?

路上アンケート初心者の方は、

「知らない人に声かけられて、雑居ビルに入っていって大丈夫なの?」という心配があるかと思います。

特に繁華街では、違法なキャッチセールスや声がけが発生していますので、

路上アンケートおばさんなのか悪質な声がけなのか、見極めが非常に重要です。

 

あくまでも自己責任ではありますが、

見極めるコツとして以下の少なくとも4点は必ず確認してください。

・声をかけてきた人が自分の身分をきちんと説明するか
・ホットスポットに声をかけてきた人以外にも同じように声がけする人が複数いるか
・40~50代くらいのおばちゃんか
・ターゲット属性に当てはまるか質問をしてくるか(広告業界かどうかなど)

 

特に、わかりやすいのは、声をかけてくる人が、他の悪質なものと異なり路上アンケートはおばさんがほとんどです。

皆さんもご存知かと思いますが、先ほどご紹介したホットスポット周辺では、

化粧品の販売、価値のない絵画の販売、接客業への勧誘、違法商品の販売など多数ありますが、

これらのほとんどが、20代から30代前半の若い方々ですので、

路上アンケートとの見極めには、一番わかりやすいです。

 

路上アンケートの報酬は?

さて、それでは路上アンケート報酬はいったいいくらなのか。

アンケートの内容や拘束時間にもよりますが、

1000円~3000円程度の商品券や図書券がもらえます。

 

最後に

路上アンケートは報酬が少額ではありますが、

手間がほとんどかからず短時間で報酬を得ることができるので、

暇つぶし感覚で友人との待ち合わせの前や、

繁華街で歩き疲れたときに休みながらお小遣いを手にすることができます。

 

また、報酬としてもらった商品券をそのまま使うのもよいですが、

路上アンケートホットスポット周辺には金券ショップが乱立しています。

報酬でもらった商品券などをそのまま金券ショップに持参することで、

金額に若干の目減りはあるものの、すぐに現金化することも可能です。

 

今回は、本格的な副業ではなく、

プチ副業の第一弾として路上アンケートをご紹介しましたが、

世の中にはお小遣いを手にするための方法が多々ありますので、

今後も続々と紹介いたしますのでご期待ください!

ABOUTこの記事をかいた人

市川清太郎

会社員(外資系コンサルティングファーム勤務) 東京都港区出身 大学卒業後メーカーや商社やIT企業を経て、現在は外資系コンサルティングファームに勤務 在学中に事業を開始し、大学卒業後は新入社員から会社員の仕事と並行して副業ビジネスを17年間継続している 本業の仕事の隙間時間を活用して、発電所投資事業、不動産投資、ライセンス事業、Eコマース、海外進出支援、事業開発支援など、複数のビジネスを副業として実施 副業の推進を図るため自身の経験をもとに副業及び起業家向けスクールの開催など副業関連情報を発信