リサーチの際に「注目すべき点」とは?

例えば、あなたが「ゴルフ用品」で物販を始めたいとしましょう。重要なのは、次の2点です。

「どんなゴルフ用品が売れているのか?」

「もし売れているとしたら、どれくらい安く、そのゴルフ用品を仕入れることができるか?」

この2点さえ押さえれば、あなたもゴルフ用品でビジネスを始めることが可能です。

では、いったいどうやって「売れるゴルフ用品」を見つければいいのでしょうか? 実際にメルカリを使ったリサーチ方法を、ご説明したいと思います。

例えば、メンズのゴルフシューズをリサーチする場合は、「新品」「売り切れ」「送料込み」でフィルターをかけて、検索をかけてみましょう。

すると、その中で何回も売れている商品があることに気づくはずです。そうした商品を扱えば、あなたも利益を上げられる可能性が高いと言えます。

また、その際には、ぜひ「写真」にも注目してみてください。写真を注意深く見ると、「明らかに商用で撮ったキレイな写真」と「個人で撮った写真」があることに気づくはずです。

「商用で撮っている写真」というのは、ビジネスとして行っている可能性が高いため、その商品を仕入れれば、あなたもビジネスを始められる可能性が高いと言えるでしょう。

こうしたリサーチは非常に泥臭い作業ですが、地道に続けていると、「あれ? これは売れるんじゃないか?」という商材が必ず見つかるはずです。

付け加えておくと、メルカリで最も売れやすい商品の価格帯は、3000円以下と言われています。価格帯として、まずは3000円以下を狙ってみましょう。

そうした商材が見つかれば、実際の仕入れになります。では、リサーチで見つけた商材を、いったいどこで仕入れればいいのでしょうか?

ステップ3 商材を仕入れて、メルカリで売る!

私がオススメする仕入れ先は「アマゾン」「楽天」「ヤフーショッピング」「Q10」「SHOPLIST」「NETSEA」などです。

おそらく、一般の方は「NETSEA」と言われても、全く聞いたことがないと思いますが、ネットで仕入れることのできる卸のサイトです。

おそらく、商売をしない方は、ほぼ見る機会のないサイトでしょう。

こうしたサイトで、リサーチをした商材を安く仕入れることができないか、調べてみてください。

安く仕入れることができる場合は、仕入れを行います。そこで仕入れた商品を、実際にメルカリに出品して、売ってみましょう。ひょっとしたら、あなたは次のように思うかもしれません。

「ちょっと待ってください。商品を購入する場合、普通は一番安いものを買いたいですよね? だったら、メルカリ、アマゾン、楽天などを比較して、一番安いところで買うんじゃないですか? アマゾンで安く仕入れた商品が、メルカリで高く売れるとは思えないんですが……」

たしかに、おっしゃるとおりです。しかし、私の経験則から言わせていただくと、お客様は商品を購入する際、おそらく、それぞれのサイトを比較するという作業をほとんど行っていません。

特にメルカリの場合、スマートフォンのユーザーで、基本的にメルカリだけで完結させる方が多いように感じます。

そのため、例えば、アマゾンで安く仕入れた商品をメルカリで高く売ることは、十分に可能なのです。

以上は、「アマゾンから仕入れて、メルカリで売る」という方法ですが、これに慣れてくると、逆を行うことも可能になります。

つまり、「メルカリで仕入れて、アマゾンで売る」といったことも可能になるのです。アマゾンでリサーチをする際には、「売れ筋ランキング」や「特集」(例えば、梅雨の季節だと「レイングッズ特集」など)に注目してみるといいでしょう。

まずはメルカリに慣れていただきたいと思いますが、先ほどもお話ししたとおり、最終的には、様々なプラットフォームを使いこなせるようになることが目標です。

仕入れの際に「注意すべき点」とは?

仕入れの際に注意していただきたいことが1つあります。それは、いわゆる「ブーム」に乗る際には、「なぜ売れているのか」をきちんと分析してほしいということです。

以前、有名なミュージシャンの方がかぶった帽子が、一時的にブームになったことがありました。

物販にもかなり慣れてきて、自分のやり方に自信を持ち始めていた私は「これは売れる」と思い、アメリカのメーカーに問い合わせて、120個ほど、仕入れることにしました。

ところが、はじめは数週間と言われていた納期が遅れて、2カ月後、ようやく私の手元に届いた頃には、全く売れなくなっていました。結局、在庫の山となり、今でも半分以上が、私の倉庫に眠っています。

なぜ、こんなことになってしまったのでしょうか?

あとで調べてみて分かったことですが、ファンの間では、このミュージシャンが身につけているのと同じものを着て、このミュージシャンのライブに行くのが流行りだったそうです。

発注から2カ月後、私の手元に帽子が届いた時には、すでにライブは終わってしまっていました。つまり、納期の遅れによって、売り時を完全に逃してしまったのです。

車の運転というのは、始めの頃よりも、慣れてきた頃の方が危ないと言われます。物販も同様で、慣れてきた時こそ、気を引き締めてやらないと思わぬ失敗をしかねません。

私自身、当時はやる気と勢いだけで物販をやっていましたが、「納期が遅れるかもしれない」ということを計算に入れていれば、無理に120個も注文をする必要はありませんでした。

この時の失敗は「なぜこの帽子が売れているのか」を冷静に分析できていれば、防げたはずなのです。

こうした失敗をしないためにも、ブームに乗る際には、「売れている理由」をきちんと分析し、慎重に仕入れを行うことが大切です。

その代わり、ブームにしっかりと乗って売り切りさえすれば、売上と利益を飛躍的に向上させることが可能です。実例で言いますと、瞬間的にブームになった商品を、高い利益率で1シーズンで600点以上売り切ったこともあります。

流行っている理由を冷静に分析し、適切な仕入れを行って、ブームを自分のビジネスに最大限活かしましょう。

「売れる商材」をさらに増やすには?

売上や利益をさらに伸ばすためには、「売れる商材」を増やさなければなりません。では、どうやって、「売れる商材」を増やせばいいのでしょうか?

そのために有効なのは、「出品者」に注目することです。

例えば、メルカリで売れている商材があれば、その商材を扱っている「出品者」に注目してみてください。そして、その人が他にどんな商材を売っているのか、調べてみましょう。

すると、「これは売れるかもしれない」といった商材が芋づる式に出てくることがあります。そうなれば、しめたものです。

ここまで読んでいただければお分かりになると思いますが、私も含めて、物販で利益を上げている人が基本的にやっているのは、「サイトを横断して、様々な角度からリサーチをかける」。

これだけです。決して特殊なことをやっているわけではなく、要は、地道な作業の積み重ねが、のちのちの大きな利益に繋がるのです。

出品者に注目してリサーチをかける方法は、売上をさらに伸ばすための「仕入れのコツ」と言えます。こうした方法で、まずは「月5〜10万円の利益」を出せるようにがんばってみてください。

売上と利益を飛躍的に伸ばす方法

さて、物販で月5〜10万円を稼ぐことができるようになったら、いよいよ次のステップに移ります。次のステップでは、いったいどんなことを行えばいいのでしょうか?

次のコラムでは、「物販の売上と利益を飛躍的に伸ばす方法」について、詳しく解説します。

ABOUTこの記事をかいた人

佐野正一

北海道札幌市出身。 一般社団法人日本副業推進協会 代表取締役、物販会社経営 23歳の時、僕と奥さんの夢だった盛大な結婚式と新婚旅行を実現するが、予算を大幅にオーバーしたためお金はマイナスになり、さらに、そのタイミングで長男を授かり、共働きができなくなる。 生まれてくる子どものため、家族のために自分の力で稼ぐことを決意し、副業でインターネット物販を開始。ある程度の結果が出せるようになった時、もっと育児に関わりたいという想いから、会社を辞めて独立。安定的に稼ぎながら、家族と理想のライフスタイルを送っている。 また、様々な団体から講師として招かれ、指導者としても活動し、 「世の中の人に、こういう生き方・選択肢があるということを知ってもらいたい!!」 という強い想いから、自身でもコミュニティを運営し、多数の成功者を輩出中。