やることが無い?いよいよ運用開始! 不動産投資体験記⑤

こんにちは、桐生です。

今回の不動産投資体験記は

「意外とやることがない?いよいよ運用開始!」です。

銀行から無事融資を受け、初めてマンション1棟の購入を果たした私は
いよいよこれから運用開始です。

これまで本を読んだり、不動産業者から説明を受け、

「よし、やるぞ!」

と思っていましたが、いざ運用が始まると不安になるものです。

「空室が増えないか」
「ローンが支払えるのか」
「家族に迷惑をかけないか」

このような中、気持ちを引き締め、気合いが入れていたのですが、蓋を開けて
みたら驚くほどやることがなく拍子抜けでした。。。

今回のポイントは

「何故やることが無いのか?」
「サラリーマンに最適な運用方法」

です。

何故やることが無いのか?

サラリーマンでありながら、不動産オーナになり、家賃収入を得ることに
なる為、時間が限られている中、しっかり対応をしていこうと思っていた
のですが、運用が始まり実際やっていたことは、

「家賃収入とローンの支払いを銀行口座で眺める」
「修繕が発生した場合に、進めてくださいと承認のメールを返信する」

ほぼ、これだけでした。

購入した時は空室もありましたし、その対策も色々考えないといけないと
思っていたのですが、それも含めて基本的な対応は全て不動産業者が前面
に立って取り回してくれました。

・空室対策
・入退去の対応
・賃料、共益費の回収
・清掃等の定期メンテナンス
・入居者のクレーム対応
・物件の損傷等の保険対応

従って、通常時は特に何もすることがなく、普段は銀行口座を眺めているだけ、
修繕が発生した場合については、例えば、

「〇〇号室のエアコンが故障して、これだけ費用がかかるので承認
してください」

という連絡があり、

「はい、早急に進めてください」

と返信をする程度の運用でした。お金にまつわる部分はオーナ決済なので、
私の判断で可否を決めなければなりませんが、OKしないと入居者が困って
しまう話なので、NOとなるケースはほとんどありません。

これなら私にもできるな、と思った方も多いと思いますが、正にそうなのです。
基本、やることが無いのです!

サラリーマンに最適な運用方法

サラリーマンには時間がありません。これは独立して起業された方々が暇と
言っている訳ではなく、

「副業をする」

ということにおいては本業の傍らで実施しなくてはならず、不動産投資を
メインでやられている方と比べたら

「時間が無い」

ということなのです。
その中で、最大限効率的に進める為にはこのようフロントで取り回しをしてくれる
不動産業者の存在は大きいですよね。

自分で不動産仲介業者のところへ行って、優先的に物件を案内してくれる
よう交渉したり、メンテンス業者と直接契約する方もいらっしゃいますが、
それはそれで素晴らしいことです。

ただ、相手先が増えるとその分、時間がかかってしまい、現状のサラリーマンでは
難しいのが実情だと思います。

時間をお金で買う、ではありませんが、

「不動産オーナーになれる」
「運用の手間がかからない」
「その為、追加でもう1棟やれる?」

こういった感覚になってもらえたら良いなと思います。

まとめになりますが、ここまでの不動産投資体験記、不動産業者の
存在がかなり大きなウェートを占めていますよね。

不動産業者というとかなり幅広いのですが、その中でもプロパティマネージメント
(略称PM)と呼ばれる業務をオーナの立場になって遂行できる会社と付き合う
ということが非常に重要なポイントなのです。

ここまで読んでいただき、有難うございました。

ABOUTこの記事をかいた人

会社員(外資系機器メーカー勤務) 愛知県名古屋市出身 外資系IT企業で国が進める地方創生、働き方改革を推進する現役サラリーマン 副業では、アマゾン輸出を展開し、自身の経験を活かし講演活動やコンサルティングを実施 マンションオーナーとして、4棟を所持するサラリーマン大家として新たなストックビジネスの可能性を追求