なぜ、今、物販なのか?

物販のコラムを担当する佐野正一です。

私は今でこそ物販の仕事で独立し、最高月商で1113万円、最高月収558万円といった数字を上げられるようになりましたが、元々はあなたと同じサラリーマンでした。ですから、私には「何とか副業で利益を出したい」「複数の収入源を持ちたい」というあなたの気持ちがよく分かります。

このコラムでは、「あなたが物販の副業で利益を上げるための具体的な方法」について、詳細に記したいと思います。私のノウハウについてご理解いただくために、私が物販を始めた経緯について、まずは簡単にお話ししましょう。

本業後のアルバイトで、いくら貯金できるか?

私が物販を始めたのは、2011年12月の終わりのことです。その年、私は当時付き合っていた彼女(今の奥さん)と結婚式を挙げ、ハワイに新婚旅行に行くためにお金を必要としていました。

当時、私は倉庫で正社員として働き、彼女も共働きだったのですが、それだけでは、なかなか結婚式と新婚旅行の資金は貯まりません。

そこで私は夕方に倉庫の仕事が終わった後、午後7時頃から深夜まで、飲食店でアルバイトとして働くというハードな生活を続けていました。

その甲斐があり、無事、彼女との結婚式を挙げ、ハワイに新婚旅行に行くこともできました。「せっかくハワイに行ったのだから」と思い、クレジットカードで目一杯、買い物も楽しみました。

共働きとアルバイトで、月30〜40万円ぐらいは貯金をできていたので、「また日本に帰って、一生懸命働けば、すぐにお金も貯まるだろう」と軽く考えていました。

ところが、帰国後、ありがたいことに、奥さんが子供を授かっていることが判明します。こうなってしまうと、もう共働きはできません。

私の給料を全て生活費に回し、アルバイトを全額貯金できたとしても、アルバイトで稼げるのは、月10万円がいいところです。

仕事の後のアルバイトというのは、非常にハードで、あくまで「結婚式までの期間限定」というところで、自分を鼓舞して、がんばれた部分もありました。

「正社員として夕方まで働き、その後にアルバイトをする」という生活を続けていれば、いつか身体が壊れてしまうのは目に見えています。

私は「家でもできる副業は何かないかな」と思い、家にあったパソコンで「インターネット」「稼ぐ」「副業」といったキーワードで検索をかけてみることにしました。

ロト6や競馬で一攫千金は可能か?

検索して、最初に行き着いたのは「モバイル・アフィリエイト」の教材でした。

たしか1万6000円くらいだったと記憶しています。当時は「アフィリエイトが何か」について、全く知らなかったのですが、とにかく「稼げる!」と書いてあったので、単純に「そうか! これで稼げるのか!」と思い、その教材を買うことにしました。

しかし、買ったまでは良かったのですが、いくらマニュアルを読み込んでみても、聞いたことのない用語のオンパレードで、書いてある内容が全く理解できません。

とりあえず、見よう見まねで設定をしてみても、全く結果が出ません。結果が出ないということは、やり方が間違っていたのだと思いますが、「何が間違っているのか」すら、見当がつきませんでした。そこで、私はアフィリエイトを諦め、別の教材に活路を求めることにしました。

次に買ったのは「ロト6で億万長者になる方法」「競馬で万馬券をとる方法」といった類の教材です。当然ですが、結果が出ず、1円も稼ぐことができませんでした。いつしか、私は「自分が間違った方向に行っているのではないか」ということに気づきます。

「何だかんだ言っても、あのアフィリエイトの教材が一番良かったのではないか? 書いてあることさえ理解できれば、あれで稼げるのではないか?」 そう思い、私はアフィリエイト関連の本を買うため、書店に足を運びました。

ところが、その書店にはアフィリエイトの本は1冊もなく、その時に代わりに手にしたのが、商品を海外から輸入して日本で販売するといった物販の本でした。

そして、この本が、私がインターネットで物販を始めるきっかけになります。

本との出会いで人生が変わった!

実は倉庫で働く前、私はスポーツショップで正社員として働いていました。

その際に出会ったお客様の中には、かなりマニアックな方もいて、eBay(世界的なオークションサイト)やアメリカのオンラインショップで、シューズを個人輸入している方もいらっしゃいました。

そうしたお客様の話を聞き、私も「個人輸入に挑戦しよう」と思ったことがあったのですが、全く英語ができないため、その時は断念してしまったという経緯があります。

しかし、船原さんが書いた『世界一楽しく儲かる金持ち教科書』には、eBayで個人輸入する方法が細かく書かれていました。また、ヤフオクで、自分が持っているシューズやフィギュアなどを売った経験もあったため、「これなら自分にでもできるのではないか」と感じました。

eBayで安く仕入れて、ヤフオクで高く売る。つまり、「価格差」を狙って、私はシューズに商材を限定することなく、物販を始めてみることにしました。

もちろん、はじめはなかなかうまくいきませんでした。オークションサイトのeBayでは一点ものが多く、なかなか仕入れが安定しません。

そんな時に、新しい教材が発売されました。内容としては、「アメリカのAmazon.comで仕入れて、日本のアマゾンで売ろう」といったものでした。

この教材は6万円くらいで、当時の私にとってはとても高価だったのですが、「何とか物販で結果を出したい」と思っていた私は、このマニュアルを買い、書いてあるとおりに実践してみることにしました。

「副業で失敗する人の共通点」とは?

1回目の輸入は、とにかくアメリカのAmazon.comと日本のアマゾンの「価格差」だけを見て、輸入を行いました。輸入して商材として扱ったのは、ブレイブボードという子供用のスケーターやゲーム用のハンドルなどでした。

この時、私は物販の素人だったため、「商材のサイズ」を全く頭に入れていませんでした。在庫として、商材を家に置く場合、商材のサイズを考慮しないと、大変なことになってしまいます。1回目に輸入したゲーム用のハンドルは、ものすごく大きな箱で家に届き、衝撃を受けたのを今でも鮮明に覚えています。

また当然のことですが、物販で利益を出すためには、価格差だけでなく、「アマゾンの手数料」や「輸送費」も計算に入れなければなりません。

素人だった私は、そうしたことすら、理解していませんでした。結果として、最初の物販では、20数万円の売上に対し、利益はたった1万3000円ほどでした。

「時給65円」は成功か? それとも失敗か?

本業で倉庫の仕事をしていた私は、夕方に家に戻ってから、ずっと物販に没頭していました。1万3000円の利益を上げるために費やした時間は、おそらく200時間前後になります。

たいていの人は、ここで「時給理論」を持ち出します。

「200時間以上かけて、1万3000円? 時給に換算すると、65円以下か……。これじゃあ、全く商売にならないよ。アルバイトをした方が、よっぽど稼げるよ」

そのように考え、せっかく利益が出ているにもかかわらず、副業からフェードアウトしてしまいがちです。

しかし、私はそうは考えませんでした。実際に売上が上がり、たった1万3000円でも利益が出せたことが、純粋に嬉しかったのです。

20数万円の売上を詳細に分析してみると、赤字の商品もたくさんありましたが、中には大きく黒字の商品もありました。私は次のように考えました。

「まずは赤字の商品を削って、黒字商品の共通点を探ってみよう。そうすれば、次はもっと大きく利益を出せるのではないか?」

こうして、アクセルを踏み込んだ私は、2カ月目で200万円近くの売上を上げることができました。当時はまだ利益率が10%程度と低かったのですが、それでも20万円以上の利益を上げることに成功したのです。8カ月目には利益で100万円以上を出せるようになりました。

そして2012年9月、私は会社を辞め、物販のスペシャリストとして、独立することになりました。現在、いわゆる「転売」もまだ行っていますが、自社ブランドを取り扱うまでに成長しています。

私が物販をオススメする理由

さて、ここまでのお話を理解していただいた上で、「なぜ、物販がオススメなのか」という点について、お話ししましょう。

私が物販をオススメする第一の理由は、「再現性」が高いからです。私自身も、はじめは本や教材に書いてあるとおりに実践しただけです。それだけで、しっかり利益を出すことができました。

実は、私は専門学校卒で、学歴がありません。

しかもパソコンにも疎く、ブラインドタッチができなかったため、パソコンの入力は指一本で行っていました。そのため、普通の人が1時間でできる作業でも、私は3時間以上かかるような状態でした。

知識もスキルもなかった私にできることは、とにかくマニュアルに書いてあるとおりに、バカ正直に実践することだけでした。物販は、そんな私でも利益を出せるほど、非常に再現性が高いものなのです。

現在、私はアフィリエイトもやっていますが、物販とアフィリエイトを比べてみても、物販の方がはるかに早く結果が出ます。

入金サイクルも、物販の方が早い。アフィリエイトだと入金が2〜3カ月後ということもザラですが、物販はアマゾンなら2週間、メルカリやBUYMAやなら基本的に1週間以内の周期で入金されます。ですから、あなたが副業を始めるのであれば、アフィリエイトよりも、物販が最適であると私は考えています。

中には、次のように考える人もいるでしょう。

「基本的に丸投げでいい不動産投資と違って、物販は手間がかかりますよね? サラリーマンの副業としては、あまり向かないんじゃないですか? 忙しいサラリーマンが帰宅後、物販に100時間以上の時間を費やすのは、無理ですよ」

たしかに、物販は非常に手間がかかりますし、泥臭い作業も必要になります。この点は、物販のデメリットと言えるかもしれません。

しかし、逆に考えてみると、手間がかかった分は、全てあなたの経験になります。積み上げた経験は、あなたの無形の財産となって、決して失われることはありません。

「丸投げ」では、こうした経験を積むことができません。不動産などと違い、「気軽に、少額で、しかも借金ナシで始められる」というメリットもあります。

また、「安く仕入れて、高く売る」というのは、ビジネスの基本です。あなたがそうした経験を積むのに、物販は最適です。そのように考えると、物販にかかる手間は、逆にメリットとも言えると思いますが、いかがでしょうか?

私は「副業としての物販の経験が、サラリーマンとしてのあなたの仕事にも必ず役に立つ」と確信しています。

あなたが物販で利益を出すための「具体的な方法」とは?

いかがでしょうか? もし、少しでも「物販をやってみたい」と思ったのであれば、今すぐ実践みてしてください。ことわざにあるとおり、「鉄は熱いうちに叩け」が鉄則です。

次のコラムでは「ぜひ物販をやってみたい」と思っているあなたのために、「あなたが物販で利益を出すまでの道のり」をステップ式で、具体的に示したいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

佐野正一

一般社団法人日本副業推進協会 代表理事 北海道札幌市出身 専門学校卒業後、物流倉庫会社に就職 連日深夜まで働く過酷な勤務や低賃金の現状を打破するため、副業でEコマースビジネスを開始 長男が誕生したことを機に、仕事だけでなく家族との時間を大切にするため23歳で独立 副業で行っていたEコマースビジネスを本業として活動する傍ら、 セミナーでの講演やビジネスコミュニティにおいて副業に関する指導を行い多数の成功者を輩出