では実際に行動するには?国内不動産をやってみたいアナタへ

これまで国内不動産投資について何故今やるべきかという背景、メリット、やり方についてお話してきました。

「これまでの不動産投資のイメージと違うな」
「誰でもやれるんだ」
「確かにその通り、やってみたい」

そう感じた方も多いのではと思います。それでも、

「まだまだ怖い」
「そんな借金は・・・」
「初期投資の準備金がいるんですよね」
「空室になったらどうするの」
「地震で倒壊したら」

ネガティブに感じてしまうものです。
確かにマンション1棟を購入する為に1億円の借金を人生で背負うという覚悟が必要だと思いますし、今までと違うことをやろうとすると心的にバリアがかかってしまい、ブレーキを踏んでしまうものですよね。

そこで、これから国内不動産をやってみたいと思っている皆さんへ3つのアドバイスです。

・人生を変えられるチャンス
・自己資金が必要ない?
・オーナーってカッコよい

人生を変えられるチャンス

これはやってきたからこそ分かったのですが、単純に副業でお金を稼ぎたい、と思っていた以上に自分の人生に大きく影響を与えました。

「人生設計を見直すことができる」

どうしてもマンションを購入してどれだけ利益を出せるか、という「点」で物事を考えてしまいがちなのですが、プロパティマネージャと一緒にどうやって今後の資産運用をしていくかという視点で、今後の購入計画、法人設立の有無、個人の保険解約等々トータルで「線」として考えていくことで、今後の人生設計を見直すことができました。

また、購入時に行政書士とのやりとり、確定申告が必要になるので税理士と定期的に会ったりとこれまでの契約、税という観点で無頓着だったのですが、それなりに知識を得ることができました。当然経費という観点で節税対策につながる話にもなりますが、普通のサラリーマン人生だったら考えることが無かったことだと思います。

自己資金が必要ない?

なんと言っても投資するにあたって一番障害になるのが、自己資金を投じて実施するかどうか。これは不動産投資に限らず、考えるべきポイントです。

例えば、

「1億円の物件に対する融資は80%で、自己資金が20%必要です」

皆さん、やってみたいと思いますか?
8000万は銀行から融資、2000万は自己資金となったらなかなかやれる人はいないと思います。

でも自己資金ゼロでやれるのだったら・・・

日々状況は変わりつつある中、昔に比べて厳しくなっていてケースバイケースですが、
それでも所謂フルローンでやってしまう、というのはまだまだ可能な状況です。

ちょっとハードルは下がってきましたでしょうか?

オーナってカッコよい

いたって単純な話で、

「私、ここのマンションのオーナなの」

言ってみたいですよね、カッコよいですよね 笑
私もこれまで100回以上言ってます。。。

見栄もありますが、人と違うことをやっていると、言ってみたくなるものです。
そして認められたいという欲求があることは人として普通のことです。

またオーナとして、このマンションを維持、管理していかなければならなら
責任を負うことになるわけですが、全てはオーナ権限です。

マンション名だって変えられるのです。

如何でしょうか?

最後に・・・

簡単に3つのアドバイスをしましたが、最後はとにかく深く考えてみる前にやってみる、これが重要です。
考えれば考えるほど、これまでの生活と違うことに対してやらない理由を考えるのが人間です。
そうなる前に、おもしろそう、楽しそう、これが理由ではじめてみるのは如何でしょうか。

次回から普通のサラリーマンだった私の実体験を連載し、国内不動産投資の敷居もっと下げていきますので、
楽しみにしていてください。

ABOUTこの記事をかいた人

会社員(外資系機器メーカー勤務) 愛知県名古屋市出身 外資系IT企業で国が進める地方創生、働き方改革を推進する現役サラリーマン 副業では、アマゾン輸出を展開し、自身の経験を活かし講演活動やコンサルティングを実施 マンションオーナーとして、4棟を所持するサラリーマン大家として新たなストックビジネスの可能性を追求